亜鉛の「あ」はアサヒの「ア」

亜鉛のサプリといえばアサヒ

巷に星の数ほどあるサプリメントの中でも、一番信頼度が高いサプリといえば、やっぱり
ディアナチュラですよね。イメージキャラクターである女優の井川遥さんが、軽やかに「アサヒのサプリ、ディアナチュラッ」のフレーズと共に出ているCMももうお馴染みです。

 

 

 

アサヒと言えばビールや清涼飲料水のようなドリンク業界だけと思っている人もいるかもしれませんが、実はアサヒは長年独自の研究開発から、このサプリメント業界でも人気の商品を数多く出しています。
その中でも亜鉛は定番中の定番栄養素であり定番商品、愛飲している人も多くいます。

 

私たち日本人にとって、サプリメントはもう生活の一部であり、利用する人も多くいる現在、私たち日本人に安全安心なサプリを提供し続けるアサヒ。そのアサヒの亜鉛サプリには、他にはない安全基準とこだわりが詰まっています。

 

名前のとおり、出来るだけ自然に近く厳選された原料で作られており、自然に近い状態のために、香料や保存料、着色料といったものは加えず無添加にこだわっています。健康のために飲むものですから、健康に不要なものは一切排除する、ディアナチュラはそんな自然な私たちの健康をしっかりサポートしてくれるサプリなんです。

他の亜鉛とココが違う!

アサヒのディアナチュラのシリーズは、100%アサヒの自社国内工場(茨城・大阪)で作られています。

 

高い安全基準と品質管理で私たちの元へ運ばれてきますので、製品の安全性には自信を持っています。

 

アサヒには独自の研究開発のノウハウがあり、設備も素晴らしいものがありますので、亜鉛単体のサプリメントにも、また、亜鉛にその他の成分を配合させた複合型のサプリにも、絶妙な配合で一番高い吸収率を目指して作られています。

 

企業としては古い歴史の中で培ってきたブランドの絶対的な信頼度があって、その上サプリというヘルス業界でも培ってきた信頼がプラスされたら、もう揺るぎない安心感が生まれますよね。

 

亜鉛が配合されたサプリはいろいろありますが、その中でも筆者が一番注目しているのが、
48種類の発行植物×食物繊維・乳酸菌というのサプリです。

 

 

今は健康の代名詞とも言える発酵、そして乳酸菌という二つのキーワードが含まれて、これはもう史上最強のサプリと言えます。これでもか!と言いたくなるほどの栄養素と植物がミックスされていて、気になるお値段は1日当たり37円(1日4粒/240粒入りの場合)です。複数のサプリを摂るよりも断然経済的で、オススメですよ。

あなたはどっち?

アサヒのディアナチュラには、 亜鉛単独のサプリメントも、他の栄養素と組み合わせた複合型のサプリもあります。
亜鉛単体のものだと、1粒で14mgの亜鉛が摂取できますので、1粒で1日分の亜鉛が補えます。価格も1日当たり10円弱ですので、コストパフォーマンスの面では破格のコスパ高なサプリです。

 

 

 

一方、複合型には、それぞれ目的があり、自分の期待する効果に合わせて選ぶことができます。
例えば、スタミナ不足を感じている時は亜鉛とセサミン、それにビタミンEを合わせるたサプリを摂れば、代謝も活発化する上疲労回復でバリバリ仕事がはかどってしまいます。

 

骨粗しょう症や歯に不安がある方は、カルシウムと配合されたサプリがあるのでオススメです。実はカルシウムは単体で過剰に摂取してしまうと亜鉛の吸収率を下げてしまう働きがありますが、このように既に配合されたものを摂取すれば安心ですね。

 

サプリで気になるのはやっぱりお値段ですが、これらの複合型のサプリの場合、大体28円位から高いものになると60円位になっています。いくつものサプリを購入するなら、この商品を一つ購入すれば良いので、手軽で便利に利用できるというものです。気になる症状がある方は、是非チェックしてみてください。

 

おすすめの亜鉛サプリをチェック 

牡蠣エキスで亜鉛を補給する方法 

亜鉛に足し算

亜鉛と相性の良い飲み合わせOKな栄養素を知っていれば、更に亜鉛をがっちりと吸収することができます。
相性の良い栄養素は、動物性タンパク質・クエン酸・ビタミンCなどが挙げられます。

 

亜鉛を含むミネラルと呼ばれる栄養素は口から摂取しても体内に吸収されるのはほんの少量です。
ミネラルの中でもマグネシウムの吸収率は高いほうで大体40%前後と言われていますが、中にはほんの数%という吸収率のものもあります。

 

亜鉛も例外ではなく、吸収率は高くはありません。ただ、ミネラルイオンにはキレート作用というものがあり、これを利用することによって吸収率をアップさせることができます。

 

例えばクエン酸と同時に摂取した亜鉛は分子構造が変化し、サンドイッチ状の形になります。この構造の変化によって、体内に吸収されやすくなるというわけです。

 

というわけですので、とにかく今私は亜鉛が欲しいんだ!という人も、単独で飲むよりも複合型になったサプリが断然お得で効果的となります。

 

 

イエむしろ、亜鉛の効果をしっかり受け取りたい人にこそ、この飲み合わせを十分理解してしっかり活用して欲しいと思います。だって、吸収率が破格にあっぷするんですから、利用しない手はありませんよね。

亜鉛に引き算

前出の飲み合わせOKとは真逆に、飲み合わせNGの栄養素もあります。

 

例えば、食物繊維
食物繊維は亜鉛と一緒に体内に取り込むと亜鉛にくっつく性質があり、結果体内に吸収されにくくなります。

 

またコーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるタンニンも亜鉛と同時に摂取すると、こちらも亜鉛の吸収が悪くなります。

 

更に、アクが強い野菜(ほうれん草やじゃがいもなど)に含まれているシュウ酸や、インスタント食品に含まれているポリリン酸やフィチン酸も同様の作用があり、亜鉛と合わせて摂取すると亜鉛の吸収率が下がります。

 

元々吸収率が低いミネラルですが、このように更に下がってしまうとなれば、どれだけ摂ってももう意味がなくなってしまいます。せっかく努力していても水の泡になってしまうならどうしようもありませんので、ここはきちんと把握して、摂取した亜鉛は吸収率100%を目指そうではありませんか!

 

え?100%なんて無理無理って・・・、ハイ、確かにかなり難しいですが、あくまでもその位の気合ということで(笑)筆者個人的に、スナック菓子やインスタントラーメンなんか好きですので時々食べるのですが、食べたくなったら亜鉛の摂取タイミングと図って食べるようにしています。

 

食べ物から亜鉛を補給するには

参照リンク

亜鉛と髪の毛の関係・・・髪の毛の悩み、実は亜鉛が深く関係していることは意外と知られていません。
亜鉛サプリおすすめランキング|天然モノを選ぶべき理由・・・より効果を実感したい方、たくさんある亜鉛サプリの中からどれを選べばいいのか迷ってしまっている方のためのランキングです。
牡蠣エキスの選び方・・・牡蠣エキスサプリを検討している方向けのお役立ちサイト