アルコール呑んでサプリ飲んで

アルコール呑んでサプリ飲んで

亜鉛は体内に摂取されたアルコール分解をする際にも非常に大切な栄養素です。
アルコール好きの人にとって肝臓は他の臓器よりも人一倍大切にせねばならない(?)臓器です。なぜなら、肝臓で亜鉛を使ってアルコールが分解されるためです。逆に言うと、アルコールを人よりも多く楽しみたいと思う人は、亜鉛を意識的に摂取すると、肝臓の負担が減り、長く健康的にお酒を楽しむことができるということです。
もちろん、お酒の肴として亜鉛を多く含む牡蠣や大豆製品を一緒に摂ることも有効ですが、それでも追いつかない(?)という人は、是非ここでサプリを上手に取り入れてみましょう。毎日の亜鉛摂取量が十分あれば、肝臓を傷めることなく、結果年齢を重ねてもお酒を楽しむことができるのです。もちろん、亜鉛を十分摂っているからといって、飲み過ぎは禁物。お酒と上手に付き合うためには、適度な量を楽しみ、亜鉛と水分をしっかり摂って、休肝日を作ること。「沈黙の臓器」と言われている肝臓は、自覚症状が出たときはもうかなり症状が悪化しているものです。肝硬変と言えば肝臓の病気の代名詞。そんな手遅れの状態になる前に、節度をもって、生涯をかけて、ゆっくりと楽しめるようにしたいものですね。